一般社団法人 家族信託普及協会の会員になりました。

令和3年3月17日付で弊社は「一般社団法人 家族信託普及協会」の会員となりました。平成25年厚労省の発表では認知症・認知症予備軍の合計は862万人。実に65歳以上の高齢者人口の4人に1人が認知症を発症する可能性があるとのことです。認知症を発症すると親が持つ全ての財産が凍結され、身動きがとれなくなります。例えば親が施設に入居したため、空き家となった家を売却・賃貸して介護費用に充てようとしても認められません。その一つの解決策として「家族信託」があります。その家族信託の普及協会の会員となりました。    https://kazokushintaku.org/whats/