よくあるご質問FAQ

Q不動産を保有するとどんな税金がかかりますか?

家や土地などの資産に対して課税されるのが固定資産税という税金です。
毎年1月1日時点で不動産を所有している人に対して課税され、市町村が徴収しています。
固定資産税額は、固定資産評価額×1.4%で求められます。1.4%の税率は市町村ごとに決めれますが多くの自治体は標準税率の1.4%を採用しています。
評価額と固定資産税額の特例として以下のようなものがあります。
①住宅用地で200㎡以下の場合は固定資産税の課税標準額が1/6となります。200㎡超の部分は1/3となります。
②新築住宅の建物の固定資産税については、一定の条件の下で3年間または5年間1/2となります。

固定資産税以外にも市街化区域に不動産を所有していると都市計画税がかかります。都市計画税は道路・公園等の都市計画事業に要する費用に充てられる目的税となっています。
都市計画税の額は固定資産税評価額×税率で計算します。この税率は市町村によって異なります。上限は0.3%となっており、それより高くなることはありません。
土地を住宅として使用する場合は次のような軽減措置が適用されます。
①住宅用地で200㎡以下の場合は固定資産税の課税標準額が1/3となります。200㎡超の部分は2/3となります

 

泉北ニュータウン内不動産のご相談はお気軽に!

ご相談は何度でも無料!
お客様宅に伺う事も可能。

072-294-8537

受付:10時〜18時(水曜日定休)

相談料無料 お電話でのお問い合わせ メールでのご予約・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ